緩和ケア施設(ビハーラ病棟・仏教ホスピス)

~「ぬくもり」と「おかげさま」のこころで~

一般財団法人 本願寺ビハーラ医療福祉財団 あそかビハーラ病院

アクセス 〒610-0116 京都市城陽市奈島下ノ畔3-3 TEL0774-54-0120

あそかビハーラの案内
   ~設立経緯・基本理念・基本方針・活動方針~

設立経緯

あそかビハーラ病院は、浄土真宗本願寺派(西本願寺)と関係の深い一般財団法人本願寺ビハーラ医療福祉会が設立母体となり、平成20年4月1日に京都府城陽市に有床診療所「あそか第2診療所(あそかビハーラクリニック)」として開設いたしました。
あそか第2診療所は、平成26年4月1日に28床の入院施設をもつあそかビハーラ病院として新たに開所いたしました。
平成27年2月17日には品質マネジメントシステムの国際規格ISO 9001の認証を経て、平成27年4月1日付で、緩和ケア病棟の認可を得ています。
伝統仏教教団が単独で取り組み、仏教精神を理念とした独立型緩和ケア病棟(ビハーラ病棟)としては国内初の試みとなります。

▲TOPへ
   

基本理念

あそかビハーラ病院は
仏のお慈悲の「ぬくもり」の中
生かされて生きる「おかげさま」のこころで
やすらぎの医療を実践します

▲TOPへ
 

基本方針

  1. 私たちは患者さん・ご家族の尊厳を守り、あたたかな配慮をもって対応していきます。
  2. 私たちは緩和ケアの実践力を高め、安全・安楽で質の高い医療を提供していきます。
  3. 私たちは互いを尊重しあい、多角的な視点をもって、質の高いチーム医療を実践します。
▲TOPへ
 

活動方針(行動規範)

  1. 私たちは、「ぬくもり」と「おかげさま」に基づく信頼関係を大切にします。
  2. あなたの身体的、精神的、社会的、スピリチュアルな苦しみに耳を傾け、あなたらしく生きられるように援助します。
  3. あなたとご家族が望むときに、ご家族もケアに参加できるように援助します。
  4. 愛する人との別れからくる、ご家族の悲しみにも寄り添います。
  5. 他の医療・福祉施設や寺院と連携し、地域とともに歩む病院をめざします。
  6. ビハーラの理念のもと、教育や研修に努めます。
  7. 限りある命のなかで、限りなき“いのち”の尊さ、その気づきを大切にします。
  ▲TOPへ